読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAUMOに画像を無断転載されたのでGoogleに抹殺代行を依頼した件

2016年末のWELQ騒動から一気に表面化したキュレーションサイトによるコンテンツのパクリ問題。

これだけ問題になればキュレーションサイトを運営する各社もコンテンツの扱いに慎重になり、記事の作成や公開におけるチェックも強化されたことでしょう。これからは自浄作用が働き健全で価値あるコンテンツが生まれていくはず。個人運営をしているような零細サイトは難しいにしても、大手サイトは世間の目もあるだろうし。しかし…

「…とでも思ったか!バカめ!」

そう言わんばかりのコンテンツを大手キュレーションサイト「KAUMO」で発見。そこには間違いなく私が撮影してブログに載せた画像がしれっと転載されていました。しかも作成されたと思しき日付はWELQ騒動以降。おいおい何も変わってへんやんけ。

削除を依頼するも数週間、そして一ヶ月以上経つ今現在(2017.03.21)もリアクションは全く無し。そこで該当ページを「Googleの検索結果から削除する」という最終手段をとりました。この記事はその記録と画像パクリに対するひとつの対応方法です。

この手段をとった副産物として、パクリ先ページのアドセンス広告が非表示になることも確認しました。

なお、ここに書いている内容は「画像の無断転載についての対応」であり、文章の無断転載についての対応にはあまり役立たないかもしれません。予めご了承を。

流れがつかみやすいよう時系列で書いていきます。

続きを読む